MotoGP:KTMが2021年のラインアップ発表。ポル・エスパルガロは離脱し、テック3にペトルッチが電撃移籍

©株式会社サンズ

 6月25日、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦しているKTMは、2021年シーズンのライダーラインアップを発表。レッドブルKTMファクトリー・レーシングはブラッド・ビンダーを継続させ、ミゲール・オリベイラがサテライトから昇格。レッドブルKTMテック3はダニロ・ペトルッチを新たに迎え、イケル・レクオーナを継続参戦させることを明らかにした。

 3週間後に控えたロードレース世界選手権MotoGPの2020年シーズン再開を前に、KTMがファクトリーのレッドブルKTMファクトリー・レーシングとサテイライトのレッドブルKTMテック3の2021年におけるライダーラインアップを発表した。

ブラッド・ビンダー(左)、ミゲール・オリベイラ(右)

 来季、参戦5年目となるレッドブルKTMファクトリー・レーシングはビンダーが継続参戦するが、ポル・エスパルガロは離脱。ポル・エスパルガロは今季で契約満了となり、レプソル・ホンダ・チームへの移籍が噂されている。それに伴い、オリベイラがサテライトから昇格する。ビンダーとオリベイラは過去にレッドブル・KTM・アジョでチームメイトを組んでおり、再度タッグを組むことになる。

 そしてレッドブルKTMテック3はレクオーナが継続参戦するが、オリベイラの昇格したことからペトルッチが加入してKTMのMotoGPマシン『RC16』を駆ることになった。

レッドブルKTMテック3に加入するダニロ・ペトルッチ
イケル・レクオーナ(レッドブルKTMテック3)

 イタリア人ライダーであるペトルッチは、ドゥカティのサテライトチームであるプラマック・レーシングで2015年から4シーズンを過ごした後、2019年にファクトリーチームのドゥカティ・チームに昇格し2年目を迎える。2019年は第6戦イタリアGPでMotoGP初優勝を挙げ、ポイントランキングは6位を獲得したが、6年過ごしたドゥカティを離れKTMに移籍することになった。

2020年シーズンを戦うKTMのMotoGPマシン『RC16』