立民と国民、新社会像作成へ

コロナ後理念、連合と3者で共有

©一般社団法人共同通信社

連合の神津里季生会長(右)との会談に臨む(左手前から)国民民主党の玉木代表、立憲民主党の枝野代表ら=26日午前、東京都内のホテル

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表は26日午前、連合の神津里季生会長を交えて東京都内のホテルで会談した。新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた新たな社会像の理念を3者で共有し、作成していく方針で一致した。安倍晋三首相が秋ごろまでに衆院解散・総選挙に踏み切る可能性に備え、選挙協力を進めることも申し合わせた。

 新社会像に関しては、幹事長と事務局長を中心に週1回程度会合を開き、8月上旬ごろの完成を目指すと確認した。次期衆院選の共通政策に反映させることも視野に入れる。会談には立民の福山哲郎、国民の平野博文両幹事長、連合の相原康伸事務局長も同席した。