バルサMFアルトゥール、ユーベ移籍でついに合意か…

©フットボール・トライブ株式会社

アルトゥール・メロ 写真提供: Gettyimages

バルセロナのブラジル代表MFアルトゥールはユベントスへの移籍で合意に達したようだ。25日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

バルセロナとユベントスは24日にアルトゥールの移籍に関して移籍金7000万ユーロ(約84億円)で合意に至った模様。また、ユベントスのボスニアヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチのバルセロナ移籍も6000万ユーロ(約72億円)で合意に近づいているようだ。

これまでユベントスとバルセロナ間のアルトゥールに関する交渉はアルトゥール自身がセリエAへの移籍を望まなかったため停滞してきた。しかし同紙によるとアルトゥールの給与は現在の2倍以上の700万ユーロ(約8億4000万円)になるようで、このことが合意の決め手となったようだ。

また、両クラブはこの交渉について30日までの決着を目指しているようで、公式発表も近いうちに行われることになりそうだ。