モノマネで先輩をいじる河合郁人に木村拓哉がチクリ!浜田への直接LINEでタジタジ

©株式会社フジテレビジョン

6月26日(金)のフジテレビ『ダウンタウンなう』に、 A.B.C-Zの河合郁人が出演。

登場するなり「我々は河合に飽きてます」(浜田)、「新鮮味もなんにもない。『(ダウンタウン)DX』に呼びもしないのに来るんです」(松本)と、早速いじられる展開に。

怖い先輩は中居正広「○○○見るような目で見てくる」

「ジャニーズ1のジャニオタ」と言われている河合は、憧れの先輩たちとのエピソードを披露するが…。

木村拓哉からもらったギターの全長が1020mmで「僕、誕生日10月20日なんですよ」と言うと「無理からや!」(松本)とツッコまれ、亀梨和也のオープンカーでドライブしたときに風で声が聞こえず、勘であいづちを打っていたという話では、浜田から呆れられる。

中居正広のことは、 “怖い先輩”と表現し「番組でご一緒したときに、僕がしゃべると…なんか…」と口ごもる河合。一同が、次の発言を待っていると、「(中居さんが)うんこ見るような目で(僕を見る)…」と言い出し、松本は机を叩いて大ウケ。

河合:中居さんって、ジャニーズMCという枠を作った人じゃないですか。だから緊張しちゃうんです。おもしろいこと言わないといけないのかなって。

坂上:(河合は)今のキャラクターだと、中居くんの後釜を狙ってるような感じじゃないの?

松本:(煽るように)もしかしたら中居くんは意識して、「コイツ」っていう意味もあって…!?

みな「うんうん」と同調した空気になったが、河合が「意識してたら、“うんこ”みたいな目で見なくないですか」と言って、笑いが起こった。

「YOU、顔の下半身ブサイクだよ」が転機に!

もともと「木村拓哉さんみたいになりたかった」という河合だが、ある時、ジャニー喜多川氏から「YOU、顔の下半身ブサイクだよ」と言われたことでがきっかけで、 「自分はしゃべって盛り上げたほうがいいのかな」と思いバラエティに出るようになったという。

それでも「僕は、“静止画の帝王”と呼ばれてまして」と言い出し、かっこいい一面もアピールする。

「こっちから回っていきますね」と言い、浜田から一人ずつ目を見てキメ顔を作って見せて周る河合。そのなんとも言えない表情に、スタジオからはクスクスとした笑いしか起こらず、この日の“飲み仲間”ファーストサマーウイカにも響かない。

浜田:おまえ、アホやろ。

松本:美川(憲一)さんやってるの?

一同:(爆笑)

浜田:確かに!

坂上:どうなの?女子からしたら。

ウイカ:例えツッコミが決まった後の、後藤(輝基)さん (河合と似ていることで有名)でしたよ。バシィっと決めてはるときの。

河合が全力の決め顔をしたものの、“静止画の帝王”の名も虚しく、総ツッコミを受けて撃沈してしまった。

新ネタ「長瀬智也の威嚇」披露で“明確に”大スベり!

“ジャニーズモノマネ”を得意とする河合は、自粛期間中に毎日ひとネタずつ動画を撮りためていたという。そこで、レパートリーの中から、ネタを披露することに。

「亀梨和也がやりそうな決めポーズ」
しゃがんだ状態で顔の前で両手をぶらんとさせ、ひたすら決め顔を続けるが、「長いな」(松本)とややウケ。

「木村拓哉の発音のいいカモン!」
河合が「クァモン!」と叫ぶ短いネタ。「ほんと、知らないよ(笑)」(坂上)という声を筆頭に、じわじわと笑いが広がっていった。

「木村拓哉のスイッチが入ったときのダンス」
曲の途中でスイッチが入り、急にキレッキレの動きで踊る木村の動きを見事に再現。浜田は手を叩いて大笑いし、ウイカからも「(木村さんが)見えました(笑)」と高評価。

だが、「長瀬智也の威嚇」というネタでは、カメラ目線で両手を広げながら、目を丸くして「ブァァ」と一言。この意味不明な動きに、一同ポカーン。

松本から「わからんけど、明確にスベったな。くっきり、すっきり、スベったな」と言われ、河合は膝から崩れ落ちた。

さらに、「東山紀之の自己紹介」「錦織一清の移動の仕方」も披露するが、どちらも誇張して本人をいじってるような動きのため、浜田からは「おまえ、怒られろ!」と言われてしまう。

木村拓哉から浜田に直接LINEで河合にダメ出し!?

ここまでノリノリでモノマネをしていた河合だったが、実は、番組スタッフが先輩たちにモノマネ動画を見せていたと知らされると「あの、動画送っちゃったの!?」と、顔色が一変。急にうろたえ出す。

亀梨からは「最近踊っていなくて自分自身が“亀梨感”を忘れつつあるので、“リモート亀梨講座”で逆に教えて下さい」というコメントが。

河合は「かっけー!優しいっすね」と反応したが、松本は「取りようによっちゃ『二度とやんな』ってことかもよ」とニヤリ。

続いて、東山からは長文での返答が送られてきた。

河合については「もっとやってほしいなと思います。河合がテレビでやってくれれば、僕はテレビに出ずに休めますから(笑)」。

だが、手紙の大半は、浜田とは過去に共演したが、松本とは会ったことがないため、今度『ダウンタウンなう』に呼んでほしいということが丁寧に綴られていてた。

河合:なんすか、これ。俺のやつ3行くらいじゃなかったですか!?

坂上:同様に木村拓哉さんにも送ったんですが、(返答は)届かなかったです。

松本:まぁねぇ。

浜田:(すかさず)俺に来たよ。

河合:え!なんで!?

ウイカ:えー!?

浜田:(動画)見たんやて。俺にLINEが来たよ!

河合:なななななんて来たんですか!?

浜田:「視聴者の皆さんの目とか関係ない。『お前、ダウンタウンの前でやるんだぞ』って言っといてください」って。

と、落ち着いた口調で伝えると、河合は天を仰ぎながら何も言えなくなり…。

「やーばい。(スベった)長瀬くんのがもっとヤバく感じてきた。先輩のモノマネでスベったのが、もっとヤバイ」と動揺を隠せないでいた。