20~30代の働く女性が、給料の使い道で「1番お金をかけているもの」

©株式会社マイナビ

生活費は別として、あなたは普段どんなことに、お金をかけていますか。今回は働く女性たちに「一番お金をかけている給料の使い道」を聞いてみました。

Q.1か月の給料の中で自分の自由に使えるお金のうち、下記のどのジャンルにお金をかけていますか? 一番かけているものを教えてください(選択方式)

第1位:食費(32.3%)

第2位:趣味(23.3%)

第3位:交際費(21.0%)

第4位:美容費(10.1%)

第5位:ファッション費(9.9%)

第6位:習い事などスキルアップ系(3.1%)

※有効回答数442件、単数回答式。四捨五入の関係で100%にならないことがあります。

一番多かったのは「食費」という結果になりました。おいしいものを食べると、それだけで幸せな気持ちになれますよね。続いて趣味、交際費などが続き、美容やファッションなど自分の美を磨くために使う人、スキルアップは最下位という結果になりました。

では、それぞれの選択肢を選んだ人の理由を見ていきましょう。

■食費

・「食べるのが好きだから」(36歳/食品・飲料/専門職)

・「外食が多いので」(32歳/医療・福祉/専門職)

食べることが楽しみになっている、食べるのが好きと答えた人がかなりの数いました。おいしいものを食べると幸せな気分になりますし、パワーもチャージされますね。また、忙しくて外食が多いので食費がかさんでしまうという人も。

■趣味

・「趣味で精神的なストレスも減るので、好きなことに一番お金を出したくなる」(35歳/その他/その他)

・「アイドルグループの応援とゲームが好きで、どちらにもお金をたくさん使うため、趣味の支出が一番多い」(28歳/その他/事務系専門職)

仕事の疲れやストレスを好きなことで発散するので、趣味にお金をかけるという意見が多数。特に目立ったのは好きなアイドルやアーティストのライブに行くというパターンでした。CD、雑誌、チケットや遠征費用なども含めると、けっこうお金がかかりますよね。

■交際費

・「デートで食事やお茶したり、遊園地などの入園料の支出が多い」(23歳/小売店/その他)

・「いろんなことを我慢してストレス地獄の中で生きていて毎日本当に辛いので、せめて友達と遊ぶときは気にせずお金を使いたい。友達と合わないとストレスにやられて死んでしまいそうになるので、定期的に会いたいため」(29歳/医療・福祉/専門職)

デート代や遠距離恋愛中だったり、会いたい友達が多かったり、交際費が一番かかると答えた人もいました。恋人や友人とオシャレなスポットに行ったりするのは楽しいですし、リフレッシュされて元気が出ますよね。

■美容費

・「スキンケアは将来の投資みたいなものだから」(35歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「年齢とともにケアしたいことが増えてきて、いろいろ購入していると一番出費している」(39歳/建設・土木/技術職)

美容は自己投資ととらえている人も多く、キレイでいたいので美容にお金をかけるという意見が多数。また、お気に入りのコスメを使ったり、磨かれたネイルを見るだけでもテンションが上がるという声も。

■ファッション費

・「洋服が好きだからついつい買ってしまう」(34歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「仕事がアパレルだから」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

「服が好きだから」という回答が大部分を占めました。一方で、仕事柄ファッションにお金がかかるという人も。アパレル関係の人以外でも、オフィス用の服と私服を分けるため、お金がかかるケースもあるようです。

■習い事などスキルアップ系

・「健康のためヨガとジムに行っているため」(35歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「自己研磨に惜しむのはよくないから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自分の目標や夢を叶えるため、体を鍛えて健康になるため、などの理由で習い事をしている人が多いようです。仕事とは全く別のことに挑戦するのも、刺激になりますね。

まとめ

20~30代の働く女性たちの給料の使い道は、美容や趣味、交際費などよりも圧倒的に食費が一番多いという結果が明らかになりました。おおまかに、おいしい店に行きたいこだわり派と、自炊が苦手で外食派と分かれているようです。がんばって稼いだお金だからこそ、少しでも自由に使ってリフレッシュしたいですね。

(松葉暁)

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年12月6日~12月7日調査人数:499人(22歳~39歳までの社会人女性)