米、ASEANの中国対応を歓迎

緊張続く南シナ海巡りけん制

©一般社団法人共同通信社

ポンペオ米国務長官(AP=共同)

 【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は27日、ツイッターで、中国による軍事拠点化で緊張が続く南シナ海情勢を巡り懸念を表明した東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の対応を歓迎し、対決姿勢を強める中国をけん制した。

 ポンペオ氏は「国連海洋法条約など国際法に沿った解決を目指すASEAN首脳の主張を歓迎する」と表明。「中国は南シナ海を『海の帝国』のように扱うことはできない」と強調し、近く米国も南シナ海問題について声明などを発表する方針を明かした。

 ASEANは26日、オンライン形式で首脳会議を開催。中国と関係が良好なフィリピンやインドネシアも懸念を表明した。