スーパーGT富士公式テスト:2日目午前はウエットに。RAYBRIG NSX-GTがトップタイム

©株式会社サンズ

 スーパーGT富士公式テストは6月28日、テスト2日目を迎えた。前日に続き無観客のなかで行われたテストだが、2日目午前のセッション3は、走り出しからあいにくの雨模様となった。セッション終盤から雨が止みはじめるコンディションのなか、セッション2に続きRAYBRIG NSX-GTがトップタイムをマークした。GT300クラスはGAINER TANAX GT-Rがトップタイムとなった。

 前日のドライコンディションから一夜明け、富士スピードウェイで行われているスーパーGT公式テストの2日目は雨模様となった。前日から雨の予報が出ていたこともあり、当初予定から変更され、セッション3は10時30分から90分間で行われた。

 序盤から雨脚が強く、走行途中にはコースの一部に低い雲がかかるなかでのテストとなったことから、GT300クラスは半数以上のチームがピットでステイ。GT500クラスは、各チームがウエットでのメニューをこなしながら走行を進めていくことになった。なお、GT500クラスでは前日からホンダNSX-GTが新しい形状のフリックボックスをトライしている。

 雨量が多いこともあり、各所でコースアウトするマシンが数多く見られたが、セッションも1時間を過ぎるころになると雨が止みはじめ、多くのチームがタイムを上げていった。そんななかで、一時ダンロップコーナー先でKeePer TOM’S GR Supraがストップしたため一度赤旗になるが、すぐにピットに戻ったこともあり再開。終盤はコース上の水量も減り、多くのマシンが周回を重ねた。

 GT500クラスでは、山本尚貴から交代した牧野任祐がマークした1分40秒187がトップタイムとなり、立川祐路のZENT GR Supraが1分40秒864で2番手に。終盤タイムを上げた坪井翔のWAKO’S 4CR GR Supraが3番手という結果となった。序盤首位につけていたARTA NSX-GTが4番手、MOTUL AUTECH GT-Rが5番手につけている。

 GT300クラスは、終盤水量が減った際に平中克幸が1分47秒589をマークしたGAINER TANAX GT-Rがこのセッションの首位に。大湯都史樹がドライブしたARTA NSX GT3が2番手、こちらも終盤新田守男がタイムを上げたK-tunes RC F GT3が3番手につけた。4番手にはウエットのなか速さをみせたPACIFIC NAC D’station Vantage GT3が続き、リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが5番手で終えている。

ZENT GR Supra
WAKO’S 4CR GR Supra
ARTA NSX-GT
MOTUL AUTECH GT-R
GAINER TANAX GT-R
ARTA NSX GT3
K-tunes RC F GT3