ダルビッシュは今季出場の意向

感染懸念も「腹くくって」

©一般社団法人共同通信社

カブスのダルビッシュ有投手(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ、カブスのダルビッシュ投手は27日、7月下旬開幕の今季に予定通り出場する意向を自身のユーチューブチャンネルで示した。かねて新型コロナウイルス感染への懸念を表明してきたが「腹をくくって(キャンプが行われる本拠地の)シカゴに行って、2カ月くらいですけれど、何とか乗り切れるように頑張りたい」と語った。

 感染した際に重症化の恐れがある選手や、報酬を放棄すれば、今季は欠場できるとされている。しかしダルビッシュは、実際には球界の古風な体質や周囲からの期待で、多くの選手が心配を抱えながら辞退できずにいると説明した。