使えるエコバッグは「おしゃれ」より「洗いやすい」だ!…ハイヒール・リンゴ、7月からのレジ袋有料化に思う

©まいどなニュース

エコで環境に良いかもしれないけど、衛生面では注意が必要ですね(svetlana_cherruty/stock.adobe.com)

コロナ禍であたふたしている間に、7月1日からレジ袋などプラスチック製袋の完全有料化が始まります。コンビニでも例えばセブン-イレブン小は3円、大が5円になるそう。あるエコノミストが「2円の差なら大きい方がお得」と仰っていましたが、すごく分かるけれど、本来プラゴミ削減という環境保護のための施策なのに、それだと本末転倒なのでは(笑)

レジ袋といえば、一昨年ドイツに行ったとき、お土産を買って小さい袋をくださいと頼んだら、出されたのは紙袋。さすがエコ先進国、と思いましたが、デザインもすごくオシャレで、次にも十分使えそうで、これならお金を払ってもいいな、と感じました。

一方、10数年ぐらい前にカンボジアでもらった袋は日本の大手スーパーのレジ袋。なぜ…と思いましたが、裏を返せばそれだけ日本のビニール袋は性能が良いという事。東南アジアでは屋台でもらった袋が縦に裂けたり、破れてしまったりしてホテルに帰るまで持たなかったこともありました。質が高い分、環境負荷も高いのかもしれませんが、日本のコンビニのビニール袋って、最強! どうせ有料になるなら、10円払ってもいいから次又ゴミ袋以外で使えるものが欲しいな、というのが本音です。

コロナ禍で業績が悪化したお店などでは1円でも経費を浮かせたいところでしょうし、有料化で助かるお店もあると思います。ただ最近「エコバッグは意外と汚れている」というニュースがあった事をご存じでしょうか。これ、ずっと思っていたんです。

レジ袋なら、冷蔵庫に入れる野菜やお肉などと、戸棚にしまうカレールウなどは分けて入れますよね。でも、エコバッグだと全部一緒。一体どれぐらいの人が裏返して天日干しまでしているんだろう、と思ったら、「洗ったことがない」が51%という調査結果。菌の拭き取り検査をしたところ、6割が「汚れている」「やや汚れている」だったそう。エコで環境に良いかもしれないけど、衛生面では注意が必要ですね。

MBSラジオの「ますます!ハイヒール」では、リスナープレゼントがエコバッグなんですが、これ、使ってみたらものすごく洗えて、乾くのが早くて、強くて丈夫!でも、ものすごくオシャレじゃないんです!(苦笑)ただ、オシャレなエコバッグって洗うのも一手間かかりがちですが、オシャレじゃないのはたたむのも簡単!変わった色だから鞄の中でも見つけやすいし、すごく実用的(笑)

それでも忘れやすいので、最近は自転車の前かごや、ちょっと近所に出掛ける用の小さい鞄にもエコバッグを入れています。オシャレなパン屋さんとか、袋だけでも結構なお値段になったりしますもん。

一時流行って沢山もらい、下火になって、今また「使えるエコバッグはコレ!」と話題になっているエコバッグですが、どんなものでも洗わないとやっぱりダメ。洗えて丈夫で、使いやすい大きさで…。ペットボトル2本分くらいが入る大きさのエコバックを1つカバンに忍ばせておくと、冷たい物を買ったときも入れやすくオススメですよ!