カーロス氏も五輪の規則撤廃訴え

68年メキシコ大会で銅も追放

©一般社団法人共同通信社

ジョン・カーロス氏=2018年10月(AP=共同)

 米国での黒人差別に抗議して1968年メキシコ五輪陸上男子200メートルの表彰台で黒い手袋をはめた拳を突き上げて大会から追放されたジョン・カーロス氏が27日、五輪競技会場などで政治的、宗教的、人種的な宣伝活動を禁じる五輪憲章第50条の撤廃を国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)に求めた。

 米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)の選手アドバイザリー会議との連名での公開書簡で「選手はもう黙ってはいない。われわれは今、岐路に立っている。表現の自由は国連で認められた基本的人権」と主張した。