競馬、クロノジェネシスが優勝

第61回宝塚記念

©一般社団法人共同通信社

第61回宝塚記念を制したクロノジェネシス=阪神競馬場

 第61回宝塚記念(28日・阪神11R2200メートル芝18頭、G1)2番人気のクロノジェネシス(北村友一騎乗)が2分13秒5で優勝、G1レース2勝目で、1着賞金1億5千万円を獲得した。北村騎手、斉藤崇史調教師はともにこのレース初勝利。

 4コーナーで先頭に並びかけたクロノジェネシスは、最後の直線で鋭い末脚を発揮。後続を突き放し、6番人気のキセキに6馬身差をつけて圧勝した。さらに5馬身差の3着には12番人気のモズベッロが入り、1番人気のサートゥルナーリアは4着に終わった。