オリ史上初の6タテ食らい泥沼6連敗、頼みの山本でも止められず… ロッテ7年ぶり8連勝

©株式会社Creative2

8回、レアードに勝ち越しソロを浴びた【画像:パーソル パ・リーグTV】

8回に同点に追いつくも、その裏に増井がレアードに決勝弾を浴びる…

■ロッテ 6-5 オリックス(28日・ZOZOマリン)

オリックスが泥沼の6連敗を喫した。28日、敵地ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦。先発の山本が5失点で降板すると、土壇場で同点に追いつきながら、増井が痛恨の勝ち越し弾を被弾した。初の同一カード6連敗を喫した。

初回にT-岡田の2ランなどで先制したオリックスだったが、山本が2回、3回、4回と立て続けに失点し逆転を許す。山本は6回途中5失点で降板。8回にT-岡田、ロドリゲスの適時打で同点に追いついたが、その裏に増井がレアードに勝ち越しソロを浴びて敗れた。

ロッテは7年ぶりとなる8連勝。初回に3点を先制されたものの、好調な打線がジワジワと追い上げて逆転。8回に追いつかれたものの、その裏にレアードが決勝の5号ソロを放って勝ち越した。(Full-Count編集部)