「安倍総理が期待」と現金渡す

前法相、二階・菅両氏の名も

©一般社団法人共同通信社

河井克行容疑者、河井案里容疑者

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)が昨年3月、広島県北広島町の宮本裕之町議会議長(61)に安倍晋三首相、自民党の二階俊博幹事長、菅義偉官房長官の3人が妻の案里容疑者(46)に期待していると伝え、現金20万円を渡していたことが28日、分かった。宮本氏が取材に証言した。昨年夏、関係者を通じて返金したが、議長を退く意向を示した。

 克行前法相が自民党の有力者の名前を挙げ、買収行為をした疑惑が新たに浮上した。広島県府中町の町議は前法相から「安倍さんから」と言われ、30万円を受け取ったと認めている。