無免許運転疑い誤認逮捕、福岡

取り消し確定と勘違い

©一般社団法人共同通信社

 福岡県警粕屋署は28日、運転免許取り消し中に軽乗用車を運転したとして道交法違反(無免許運転)容疑で同日現行犯逮捕した福岡市のアルバイト男性(22)について、実際は取り消されていなかったため、釈放したと明らかにした。

 署によると、28日午後3時ごろ、同県篠栗町で無免許で運転した疑いで逮捕した。男性の免許取り消し処分が確定したと勘違いしたことが原因としている。

 男性は酒気帯び運転の疑いがあるとして署員に事情を聴かれた際に「無免許運転です」と説明。だが、実際は取り消し処分のための聴聞に出頭しておらず、逮捕時は不携帯の状態だった。不携帯の反則金を即日支払った。