県内小売店、対応苦慮 レジ袋有料化1日スタート

©株式会社宮崎日日新聞社

7月1日からのレジ袋有料化を知らせるビラが掲げられた店内=高鍋町・ママンマルシェTAKANABE

 政府が全国の小売店に義務付けるプラスチック製レジ袋の有料化が7月1日から始まる。県内でもスーパーや土産物店などが無料配布をやめ、マイバッグの需要拡大に向けた周知を強化。環境保全に向けた取り組みとして使い捨てのプラごみを減らすのが狙いだが、有料化に伴う消費者負担やレジ作業の煩雑化、新型コロナウイルス感染拡大によるマイバッグ使用への抵抗感も懸念され、各店は対応に頭を悩ませている。