健康・衛生一口メモ

©株式会社VOTE FOR

■家庭での食中毒にご用心!
新型コロナウイルス感染症の対策に伴い、飲食店の持ち帰りメニューや弁当・宅配が増えています。
これからの季節は温度・湿度が高くなり、細菌が増殖しやすくなるためテイクアウト販売などの食事は注意が必要です。購入してから食べるまで時間がかかると、食中毒のリスクが高まります。弁当・総菜の購入後は速やかに持ち帰り、すぐに食べるようにしましょう。

◇食品の購入と保管
生鮮食品は新鮮なものを購入し、すぐに持ち帰りましょう。保冷バッグや保冷剤を持参すると安心です。また、冷蔵品や冷凍品はすぐに冷蔵庫などに保管しましょう。

◇下準備
調理の前や、生肉、魚、卵を取り扱った後は手を洗いましょう。また、調理器具は使った後すぐに洗剤と流水でよく洗い、必要に応じて消毒しましょう。

◇調理
加熱して調理する食品は、中心部まで十分に加熱しましょう。

◇食事
食品は、清潔な手で器具を使って盛り付けましょう。残った食品を温め直す時は十分な加熱が必要です。

■持ち帰りや宅配料理の食中毒予防方法はホームページでご覧になれます