新しい生活様式でもSTOP!熱中症

©株式会社VOTE FOR

新型コロナウイルスの影響で、今年は特に熱中症の危険性が高いといわれています。外出が減ったため、体力が低下し、体が暑さにも慣れていません。
また、マスクの着用は体内に熱がこもりやすく、口の中の湿度が高くなり、喉の渇きに気付きにくいため、注意が必要です。周囲の人と十分に距離をとれるときは、マスクを外しましょう。
コロナ禍で迎える夏。感染症を防ぐための3密を避ける、マスク着用、手洗いなどの新しい生活様式が求められる中、熱中症の予防も大切です。「水こそたすけに」を合い言葉に、熱中症予防のポイントを紹介します

【水】水分は時間を決めてしっかりとろう
マスクをしていると喉の渇きに気付きにくくなります。喉が渇いていなくても1時間にコップ1杯の麦茶を飲むなど、時間を決めて水分をとりましょう。

【こ】この夏はエアコン止めずに小まめに換気
感染症対策に1時間に1・2回の換気をしましょう。エアコンは起動時の消費電力が大きいため、換気中も止めない方が節電にもなります。

【そ】備えよう脱水救う経口補水液
脱水症状が疑われるときには、吸収率のよい経口補水液が有効です。もしもに備えて、市販の経口補水液を常備しておくことがおすすめです。

【た】食べて寝る免疫力を高めよう
熱中症にも感染症にもなりにくい、免疫力の高い体をつくりましょう。バランス良く3食しっかり食べ、しっかり寝ることが基本です。

【す】すいている場所で散歩や運動を
予防には適度な運動で、暑さに備えた体をつくることが大切です。外出が難しい場合でも、ラジオ体操やストレッチなどで体を動かしましょう。

【け】けいれんやめまい・吐き気は要注意
涼しい場所へ移り、スポーツ飲料などで水分や塩分の補給を。服を緩め、水や氷で体を冷やすことも有効です。自分で水分がとれない場合はすぐに医療機関へ。

【に】28度超えないようにエアコン活用
熱中症の救急搬送者の約半分が、室内で熱中症になっています。無理は禁物です。暑いと感じなくても、室温が28度を超えないようエアコンを活用しましょう。

■経口補水液の作り方
次の材料を混ぜるだけで簡単に作れます。レモン汁を少量入れると飲みやすくなります。
材料:
・砂糖(上白糖)20~40g
・塩3g
・水1リットル
(あればレモン汁など適宜)
※市販の経口補水液がない場合の簡易的なものです。作った日に飲み切りましょう
※療養中のかたは主治医に相談のうえご使用ください

問合せ:保健予防課保健管理係
【電話】03-5722-9396
【FAX】03-5722-9508

■涼み処をご利用ください
日中を涼しく過ごし、水分補給できる涼み処を、感染症対策をしながら開設しています。どなたでもご利用いただけます(9/30まで)。
開館時間:9:00~17:00
休館日:日曜日、祝日
開館場所:老人いこいの家(下表)、高齢者センター
【住所】目黒1-25-26 田道ふれあい館内
【電話】03-5721-2291

問合せ:高齢福祉課いきがい支援係
【電話】03-5722-9837
【FAX】03-5722-9474