がん支援の在り方学ぶ 県ピアサポーター養成講座 福島

©株式会社福島民報社

がん患者や家族への支援の在り方を学ぶ参加者

 がん患者やその家族の心のケアを支援する「県がんピアサポーター養成講座」は二十八日、福島市市民活動サポートセンターで開かれた。

 NPO法人がんピアネットふくしま、県の共催。約十人が参加した。

 がんピアネットふくしまの鈴木牧子理事長が、ピア(仲間)としてがんについての悩みや不安を抱える患者や家族と向き合う姿勢や心構えなどを説いた。薬剤師や病院関係者が、がんの基礎知識や医療ソーシャルワーカーの役割などについて講話した。

 引き続きグループワークを行い、参加者は意見交換しながら支援の在り方を学んだ。

 既に日程が決まっているがんピアサポートサロンは次の通り。

 ▽7月9日=郡山駅前がんピアサロン(郡山市民交流プラザ会議室、午後1時~同2時30分)▽同15日=まちなか・こころカフェ(福島市市民活動サポートセンター、午後1時~同2時30分)▽同23日=ピアサロンつきみが丘(つきみが丘町民センター、午後2時~同3時30分)▽同25日=ピアサロンそよ風(会津若松市生涯学習総合センター、午後2時~同3時30分)