マイホーム、車もネットで購入

コロナ、人手不足で非対面販売増

©一般社団法人共同通信社

主なインターネット販売の取り組み

 マイホームにマイカー―。購入には一大決心が必要な高額商品だが、大和ハウスやトヨタ自動車はインターネットなどでの非対面販売に力を入れ始めた。新型コロナウイルスの感染予防の観点や販売員の人手不足対策、時間を節約したい顧客への配慮などが背景にある。従来のきめ細かな接客を補う新たな販売手法として定着するかどうか注目だ。

 ネット通販になじみがある20~30代の需要を見込む。契約時は対面の手続きが必要だが、接客時間を最低限に抑えることで営業活動の効率化を図る。コロナの感染拡大以降、サイトの閲覧は数倍に拡大しており、「想定以上の反響だ」(大和ハウス)という。