開幕9戦連続安打のDeNA佐野にラミレス監督あり「監督はすごい4番打者。勉強になる」

©株式会社Creative2

DeNA・佐野恵太【写真:荒川祐史】

DeNAは6年連続負け越し中の阪神にカード勝ち越した

■DeNA 9-1 阪神(28日・横浜)

DeNAは28日、横浜スタジアムで行われた阪神戦に9-1で勝利し、カード勝ち越しを決めた。先発した平良が6回1失点で今季初勝利。打線は阪神が繰り出す5人の投手から14安打9得点を奪った。

阪神は昨年まで6年連続負け越しと天敵と言える存在で、指揮官も監督就任後の4年間で何度も煮湯を飲まされた相手だった。今季は初戦を今永の好投で快勝したが、前夜の試合では9回2死からの逆転劇で、後味の悪い敗戦を喫していた。

ラミレス監督は「昨日の嫌な負け方もあったので、今日は最初の3イニングをゼロに抑えれば勝てるチャンスはあると思っていたが、初回に点を取られてしまった。それでも1点に抑えたことで、まだ希望があると思った。すぐに逆転できて、そこが大きかったと思う」と初回の攻防をポイントとした。

最初の対戦でカード勝ち越し。「昨日の負け方から、今日も負けるとまた今年も、となりかねなかった。今日の勝ちで今年のDeNAは違うぞと思えたし、またそうなるようにやっていきたい」と苦手払拭を誓った。

佐野は12球団唯一の9試合連続安打を記録、ラミレス監督から「アドバイスもらっている」

チームの快進撃を支える好調な打線の中でも、指揮官は初回に同点打を放つなど、開幕から全ての試合で安打を放っている4番の佐野を「チャンスに強い」と高く評価している。初回のタイムリーについて、佐野は「(先制点を)取られた後だったので、すぐに追いつけるようにと思っていた。うまく風に乗ってくれた」と、最近使い始めたという戸柱モデルのバットでの同点打を振り返った。

佐野は「前後のいいバッターに挟まれているので、のびのび打てている」と好調の要因を話したが、かつて最強助っ人と呼ばれた4番打者だった指揮官の指導も大きいようだ。この日は四球で出塁した第2打席に関して、ラミレス監督は佐野の成長を感じていた。指揮官は「普段からカウント3-0や2-0の時は、真ん中に近い甘い速球系のボールが来る可能性が高いので、積極的に打っていけと指導している。今日の2打席目は3-0から、積極的にスイングしていた。残念ながらファールにはなったが、ああいう姿勢はいい」と評価した。

佐野も「毎日のようにポジティブな言葉をかけてもらっているし、いろいろアドバイスももらっているので、いい形で打席に入れている。例えば、昨日のような場面では自分だったらこういう気持ちで打席に入っていた、などと意見も言ってくれる。監督も現役時代はすごい4番打者だったので、とても勉強になっている」と恩師に感謝している。

オースティンの加入でリーグ屈指となった重要打線は、昨季まで打線の中心だった筒香の不在を感じさせない勢いだ。ソト、ロペスを含めた強力外国人選手が注目されがちだが、「繋ぎの4番」から「打点も稼げる4番」になりつつある佐野の存在感が、日に日に大きくなっている。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)