倉科カナ、坊主姿を披露しネット騒然…突然の『スキンヘッド』にファン「何やらかしたの?」

©株式会社ジーンステイト

画像:時事通信フォト

28日に女優の倉科カナさんが、自身のInstagramを更新。

倉科さんが髪の毛をスキンヘッドにしたことに、ファンから驚きの声が寄せられています。

倉科さんはなぜ、スキンヘッドにしたのでしょうか。

倉科カナ、出家して頭を丸めた姿にファン驚愕「なんで?」「やらかしたな」との声

28日に女優の倉科カナさんが、自身のInstagramを更新。

倉科さんは2006年に芸能界にデビューしており、趣味は写経であるとのこと。

そんな倉科さんが、「突然髪を切りましたー」とコメントし、法師のように頭を丸めた写真を公開。

また、周囲は驚くかもしれませんが、色んなことに挑戦していきたいと、意気込みを語りました。

こちらの投稿を見たファンからは、

「ビックリした」

「なんで?」

「やらかしたのかな?」

と、 まるで僧侶として出家したかのような倉科さんに、驚きの声が寄せられました。

 

倉科カナがスキンヘッドにした理由とは?過去に法師として出演した女優

倉科カナさんがスキンヘッドにしたことに対し、周囲から大きな反響をよんでいます。

倉科さんはなぜ、スキンヘッドにしたのでしょうか。

2016年に公開された映画「珍遊記」に、倉科さんは出演しています。

倉科さんは、同映画で玄じょうという法師のキャラを演じており、その際にスキンヘッドとなった時の写真を今回公開したとのこと。

このように、法師の役を演じることは女性にとって、抵抗のある仕事ではないかと思われますが、過去に法師役を演じたことがある女優はいるのでしょうか。

1970年代にドラマ「西遊記」(日本テレビ系列)が、放送された時に、女優の夏目雅子さんが法師役で髪を丸めて演じており、美しすぎると話題になりました。

その後、夏目さんに影響され、宮沢りえさんや深津絵里さんといった女性も、法師役を演じることに。

このように、一見敬遠されがちな役柄な法師であれど、顔のパーツがくっきりとわかる役柄であるため、女優としての美しさが際立ち、女優の中では人気のある役柄のようです。

スキンヘッドの姿でファンを驚かせた倉科さん。

より倉科さんの法師姿を見たい方は、ぜひ「珍遊記」をご覧になってみてはいかがでしょうか。

(文:M.K)