自動車8社、国内生産が6割減

5月、過去最大の落ち込み

©一般社団法人共同通信社

マツダ本社工場=2016年7月

 自動車の国内大手8社が29日に発表した5月の国内生産台数は、前年同月比61.8%減の28万7502台だった。新型コロナ感染症の影響による需要減などで、工場停止や生産調整が相次いだことが響き、減少率は4月の46.7%から大きく拡大。東日本大震災直後の2011年4月の60.1%を上回り過去最大となった。

 マツダの国内生産台数は83.6%減で、過去最大の落ち込みだった4月(86.5%減)に次ぐ低水準となった。日産自動車は78.7%減、SUBARU(スバル)も77.8%減で、いずれも単月として過去最大の下落率だった。トヨタ自動車は57.0%減の12万2744台。