本田翼「これからもよろしくお願いします」2つの『オメデタ』を報告…ファン「おめでとう」と祝福の嵐

©株式会社ジーンステイト

画像:時事通信フォト

27日、自身のインスタグラムを更新した女優・本田翼さん。

2つの意味で「オメデタ」となった報告であっただけに、大きな話題となりました。

本田さんのオメデタとは、一体何だったのでしょうか。

本田翼「これからもよろしくお願いします」2つの意味での『オメデタ』を公開

27日、自身のインスタグラムを更新した女優・本田翼さん。

2つの意味での「オメデタ」を披露しました。

本田さんは、7月2日から放送が開始されるバラエティ番組「中居大輔と夜な夜なラブ子さん」(TBS系列)の初回収録当日に急性虫垂炎のため入院をしたことを受け欠席。

バラエティ番組初MCとなる収録だっただけに、大きな波紋が広がりました。

この入院の報告を受け、本田さんはインスタグラムを更新して謝罪。

「ご迷惑をお掛けしました。本当に申し訳ありません。」とし、退院したことも報告しました。

そして本田さんが27日に更新した理由にはもう一つの”オメデタ”要素が。

それは、6月27日が自身の28歳の誕生日だということ。

本田さんは、インスタグラムの中で「誕生日も迎えました。これからもよろしくお願いします。」とつづり、退院と誕生日のダブルのオメデタであったことを記しました。

これにはファンからも、

《大丈夫ですか?お誕生日おめでとうございます》

《これらから応援してます!お身体にお気をつけて頑張ってください》

《無理なさらず!頑張ってくださ〜い》

《退院、そしてお誕生日おめでとうございます。お大事にしてください》

《これからも笑顔をお待ちしております。退院おめでとう》

といった、2つの「オメデタ」を祝福する声が寄せられました。

 

本田翼が発症した、急性虫垂炎とは?

本田翼さんは、急性虫垂炎を発症し収録を欠席しているとのことですが、そもそも急性虫垂炎とは、何なのでしょうか。

急性虫垂炎とは大腸の入り口にある盲腸に突起物ができる病気で、「盲腸」という呼び名で広く認知されている症状です。

原因について医学的に全て解明されているわけではありませんが、一般的には虫垂に急な炎症が起こることによって発病すると言われております。

治療は抗生物質の投与や、腹腔鏡による手術、皮膚切開による手術などがありますが、本田さんは入院をしているために、腹腔鏡による手術、皮膚切開による手術のどちらかをしたのでしょう。

比較的症状が軽い場合には、2日〜5日程度で退院することができ、日常生活に戻ることができます。

本田さんは無事退院することができているため、比較的症状が軽いものだったと考えられます。

28歳となった本田さんには、今後ともお身体に気をつけて、活動してほしいものです。

(文:服部慎一)