新型コロナ 感染疑いの容疑者確保を訓練

©株式会社テレビ山梨

6月29日、新型コロナウイルス感染が疑われる容疑者を確保する警察の訓練が山梨県甲府市で行われました。
訓練は「新型コロナウイルスに感染した」と話す男に女性が財布を奪われる強盗事件が発生したという想定で行われました。
訓練にはおよそ30人が参加し防護服を着た警察官が職務質問して盗まれた財布を車から見つけ犯人を確保するまでの手順を確認しました。
訓練を行った甲府警察署では感染症対策などのためパトカーに防護服を常に備えていてコロナをかたった事件への対応を進めているということです。