HIKAKINはなぜレジェンドなのか? YouTube動画の「ウマい」「ヘタ」の違いをプロに聞く!

©株式会社サイゾー

「物事が“ヘタ”なとき、そこにはパターンや規則があるのではないか? そのパターンを知ればウマくなる手助けになるのではないか?」

この仮説のもと、当連載「ヘタの研究」ではさまざまな物事の「ウマい、ヘタとは何なのか?」をその道の専門家に伺っている。

今回のテーマは「YouTube」。「〇〇してみた」などの企画を軸に展開するYouTuberのほか、ブログのように普段の日常の様子を動画で発信するVloger(ブイロガー)な00ど、今や動画を見るだけでなく配信する人も増えてきている。その中には、YouTubeが定める一定の条件をクリアし、収益化を達成する動画もある一方で、再生回数が非常に寂しい動画も散見される。多くに見てもらえる動画とそうでない動画は何が違うのか?『フツーの人がYouTube登録者数1万人を突破する秘訣 ~ビジネスYouTuberの始め方~』(ぱる出版)著者、いとうめぐみ氏に聞いた。

■ヘタの研究、バックナンバーはこちらから

YouTuber界のレジェンドは何が違うのか?

――ウマいYouTuberとヘタなYouTuberの違いはなんでしょうか?

いとうめぐみ氏(以下、いとう) ウマいYouTuberは、無意識であっても意識的であっても相手(見る側)が求めていることを発信している人で、ヘタなYouTuberはただ自分のやりたいようにやっているだけな人、という違いがあると思いますね。人気ある人というのは相手が欲しい情報をきちんと提示しています。

――好き勝手遊んでいるだけに見える動画もあったりしますが……?

いとう そういった方も、自分がという前に、視聴者が潜在的に「やってみたい」と思っていることをきちんとかなえているんです。例えば、自分では出せないような金額で高価な物を買ったりだとか。そう思うと、ウマいYouTuberは「視聴者を喜ばせることが上手」とも言えます。

一方、ヘタなYouTuberは相手に対する配慮が十分ではないんです。どうでもいい編集をしていたり、どうでもいい話をして視聴者を退屈にさせてしまったり。

もちろん特殊な職業をされている方や、すでに人気のある芸能人の方であれば、自分の好きなようにやっていてもアクセスが集まるケースもありますが、ただ単に「自分の好きなようにやる」だけでは、多くの人に支持されることは難しいかなと思います。

――いとうさんから見てウマいな、と思うYouTuberは誰ですか?

いとう 断然、HIKAKINさんです。相手が飽きないように身振り手振りを交えながら話を展開しますし、編集も面白い。なのに凄い謙虚。そして視聴者との関係性をすごく大事にしているのが、人気の秘訣だと思います。

HIKAKINさんのウマさの一例として、彼は「待てる」んです。見ている人に問いかけたあと、間を置くことができる。視聴者はHIKAKINさんの問いかけに対し、画面の向こうで答える時間を持てるため、まるで会話しているような感覚を味わうことができ、彼を身近に感じられます。これは視聴者を大切にしているからこそできる行動です。簡単そうに見えて難しく、たいていの方が一人で撮影していると、早口で、たたみかけるようにしゃべってしまうんです。

――私も動画の仕事をした際に、「待つ」難しさを痛感しました。撮影中に、カメラに向かって待っているのがどうも気恥ずかしくて、ついしゃべってしまうんですよ。でもそれは配信している側の都合であり、視聴者側に立った態度ではありませんね。

――面白いYouTuberはたくさんいますが、「チャンネル登録」してもらえる人と、そうでない人がいます。収益化を目指す配信者にしてみれば、「チャンネル登録」は重要なポイントになりますが、登録されるかどうかの違いはどこにあると思いますか?(※収益化において、チャンネル登録者数1,000人以上、年間総再生時間4,000時間以上が条件)

いとう チャンネルの軸があるかどうか、今後も見たいと思えるかどうかです。チャンネル自体に軸、つまりチャンネルのコンセプトや方向性が見えないと登録者数は伸びません。勘違いされがちですが、再生数が伸びる動画があるからといって、チャンネル登録者数が伸びるわけではないんです。

――考えてみれば、私自身登録しているのも「フィットネス」「メイク」「ペット動画」と全員チャンネル名だけでどんなコンテンツを提供しているチャンネルなのか伝わるものばかりです。

いとう そうなんです。もし、すごく良い動画で今後も見たいと視聴者に思わせても、ほかの動画に統一性がなければ、チャンネル登録されずに終わります。なので、再生数が伸びるような「バズる」動画を作ることも大事なんですが、チャンネルの方向性をはっきりさせたり、その方向性を示すためにも、自分はこんなことを配信している人ですよ、というコンセプトを示した動画はいくつか用意しておく必要があります。

――コメント欄に寄せられた視聴者からのメッセージに返信をする人や、コメントに答える「質問コーナー」の動画を投稿する人もよく目にしますが、人気を得るためには必要なことなのでしょうか?

いとう YouTubeのアルゴリズムの話で言うと、コメントは多ければ多いほど再生数が増える傾向があるので、コメントを促進するためにも返信することをお勧めします。ただこれはYouTubeをどのような目的で運営しているかによります。再生数や登録者数を増やしたいと思っている場合は、よりコメントを増やすために、届いたコメントには返信したほうがいいですが、YouTubeを既存のお客さんに見てもらうために運営しているのであれば、どちらでも構いません。

ただ、YouTube動画というのは相手がいるからこそ成り立っているものです。コメントには返信したほうがいいことは知っておいてほしいですね。YouTubeをやる以上、誰しもが見てもらうために動画を投稿していると思うので、「自分は配信する側」とおごらず、視聴者に対して敬意を見せてほしいですね。

――テレビと比べて配信者と視聴者の距離が近いこと、双方向感が出せることがYouTubeらしさですから、それを生かしたほうがいいと。

いとう もし登録者数が増えてきたり、忙しかったりしてコメントに返信しきれない場合はやむを得ませんが、何かしらリアクションを示したいのであれば、コメント欄に寄せられたメッセージにハートボタンを押すことをお勧めします。見ている人にとって配信者の方に反応してもらえるというのは、それだけでうれしいことです。逆に明らかに変なコメントが来たら断りも入れずに削除、もしくは無視で問題ありません。

* *

後編も引き続き、いとう氏に最近急増している芸能人YouTuberの成功例など、人気を得る動画配信のポイントについて聞いていく。

(取材・文=石徹白未亜)

■いとうめぐみ
高校卒業後、19歳から独学で携帯アフィリエイトを始め、その収入で生計を立てる。その後オイシックス株式会社(現:オイシックス・ラ・大地株式会社)でサイト運営・企画・特集ページなどを担当。YouTubeチャンネル「ピラティスちゃんねる」を配信し、登録者数2万人に。そのノウハウを伝えるべくYouTubeセミナーを開催。現在はブログやYouTubeを中心に、基本を大切にした相手に伝わる情報発信方法を教えている。