30日の天気 東・西日本では大雨に警戒を 午後は北日本でも次第に雨

©株式会社ウェザーマップ

 30日(火)は、梅雨前線が本州を北上し、前線の活動が活発化するため、東・西日本では大雨のなるおそれがあり、土砂災害に警戒が必要となる。太平洋側では強い南風にも注意したい。午後は北日本でも次第に雨となる見込み。

雨のピークは午前は西日本が中心 午後は東・北日本に雨広がる

 低気圧が黄海にあって東北東に進み、低気圧から前線が西日本にのびていて北上している。
 低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が入り大気の状態が非常に不安定となるため、西日本や東日本では雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨の降る所がある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意し、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうが降るおそれもあり注意が必要となる。
 すでに西日本を中心に雨が降り強まっているところがある。雨のピークは、午前は西日本が中心で、午後は東・北日本まで雨雲が広がる。関東では遅い時間ほど雨や風が強まる見通しだ。

暑さは収まるが蒸し暑い

 全国的に雨の影響で暑さは収まる見込みだが、湿った空気の影響で蒸し暑くなる見通しだ。

30日の予想最高気温(前日差)
札幌 22℃(+2℃)平年並み
仙台 24℃(-2℃)平年並み
東京 26℃(-4℃)平年並み
名古屋 25℃(-7℃)5月下旬並み
大阪 27℃(-4℃)6月上旬並み
福岡 29℃(-2℃)平年並み
那覇 31℃(-1℃)平年並み

(気象予報士・崎濱綾子)