「お知らせ」保健センターからのお知らせ

©株式会社VOTE FOR

◆食中毒にご注意下さい
食中毒は、その原因となる細菌やウイルスが食べ物に付着し、体内へ侵入することによって発生します。食中毒を防ぐためには、細菌の場合は、細菌を食べ物に「つけない」、食べ物に付着した細菌を「増やさない」、食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」という3つのことが原則となります。

〈予防のポイント〉
(1)つけない=洗う!分ける!
手には様々な雑菌が付着しています。食中毒の原因菌を食べ物につけないよう手を洗いましょう。食品を保管する際には、密閉容器等を使いましょう

(2)増やさない=低温で保存する!
食品の購入後はできるだけ早く冷蔵庫に入れましょう

(3)やっつける=加熱処理!
ほとんどの菌は、加熱によって死滅します。中心部を75度で1分以上加熱することが目安です。調理器具も殺菌するよう心がけましょう

◆生活習慣病栄養相談
6月は食育月間です。普段の食生活を見直してみませんか。来所及び電話による生活習慣病予防に関する栄養相談を行っています。

とき:平日、8時30分~17時15分
ところ:保健センター
対象:市内に住む生活習慣病(糖尿病、脂質異常症、高血圧症、肥満等)の心配がある人
申込方法:電話で(予約制)

◆熱中症に注意しましょう
熱中症は真夏だけでなく、湿度が高い梅雨の時期にも発症します。自分の体調の変化に気をつけ、予防を心がけましょう。

〈予防のポイント〉
(1)エアコン・扇風機を上手に利用し、室温に気を配る
(2)外出時は日傘や帽子を着用する
(3)のどが渇く前にこまめに水分を補給する
(4)暑さや疲れを感じたら無理せず休む
(5)栄養・睡眠をしっかりとり体力をつける

申込・問合せ:健康づくり課(保健センター)
【電話】055-951-3480