村川絵梨と浅利陽介が夫婦役で「探偵・由利麟太郎」に出演。吉川晃司の印象は?

©株式会社東京ニュース通信社

村川絵梨と浅利陽介が、6月30日放送のフジテレビ系連続ドラマ「探偵・由利麟太郎」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)の第3話「殺しのピンヒール」に出演する。

主人公・由利麟太郎(吉川晃司)が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とバディを組み、数々の奇怪な難事件に挑む横溝正史原作のホラーミステリー。村川が演じるのは美脚モデルの名越優美で、浅利は料理研究家志望の優しい優美の夫・名越恭介に扮(ふん)する。

仮装パーティーにモデルとして出演した優美は、VIPブースで香水の小瓶を持った奇妙なピエロに遭遇する。思わずその香水を手に取った優美だが、モデル仲間の白川珠喜(鳥居香奈)に奪われてしまう。その直後、優美に代わって香水を浴びた珠喜は、眼から血を流して息絶えることに。偶然そのパーティーに参加していた俊助が居合わせ、殺人の容疑者として逮捕されてしまう。

村川は「芝居よりもまず、えっ? 美脚のモデル役?と思いました。私でいいのかなと。プロデューサーさんと今まで何度かお仕事をご一緒させていただいていたので、美脚で思い浮かべてくれたのだとしたらうれしいなと思いました」と照れ笑い。また、役柄については「いつか、痛い目にあうだろうな…という印象ですね。ただ、あそこまでプライドを持って、何かに打ち込める女性はうらやましいなとは思いました。“強い女”ではあるんですけど、ただの憎たらしい女にならないように意識しました。夫にきつくあたる役なのですが、彼女も彼女で内側に秘めている感情とか、台本に描かれていない部分がきっとあって、そこは意識しました」と語る。さらに、吉川の印象を「本当にスタイルがよくて、オーラがあって、かっこいいなあと純粋に思いました」と話している。

一方、浅利は作品について「横溝正史さん原作の作品は何度か参加しています。人間の暗い部分、目に見えないドロドロさ、情緒、人間の業が見えるところが魅力だなと思います。 あとは、吉川さんがダークヒーローというか、“一筋縄ではいかない”ヒーローですね」としたうえで、吉川とのエピソードで印象的だったのは、「“あわ餅”をいただいたんです。それが本当においしくて。こういっては吉川さんの営業妨害になってしまうかもですが、“地元にいる気のいい先輩”のような感じで接してくださるんです。そういうふうに先輩から声をかけてもらうのは、うれしいですね。自分もそうしようと思いました」と感激。

京都での撮影期間中は「一人で銭湯に行ったりしました。竜安寺と銀閣寺にも行きました。お寺の中にある美術品や石が置かれている構図を鑑賞したり、最近は絵をみる感覚で寺巡りを楽しむようになりました」と充実した時間を振り返った。