レッドブル・ホンダとメルセデスは僅差とフェルスタッペン父が予想「0.2秒以内の差ならマックスはF1タイトルを狙える」

©株式会社サンズ

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの父ヨスが、同チームは2020年F1開幕戦オーストリアから優勝争いができるとの自信を示した。今季型マシンはチャンピオンであるメルセデスにかなり近づいており、自分たちの予測どおりのパフォーマンスを発揮できれば、タイトル争いが可能だと述べている。

 パンデミックによりシーズン開始が延期されてきたが、7月5日オーストリアで今年初のグランプリが開催されることが決まった。連戦として毎週開催される最初の3戦は、オーストリアでの2戦の後にハンガリーで行われる。フェルスタッペンは昨年のオーストリアで優勝、ハンガリーではポールポジションから2位を獲得しており、この3連戦で好結果を出すことが期待されている。

 オランダのテレビ局『Ziggo』のインタビューにおいて、ヨス・フェルスタッペンはオーストリアでマックスはメルセデスと優勝をめぐって戦うことになると予想した。

「バルセロナでマシンはいい感じだったと、マックスは言っている。オーストリアでは優勝を狙って戦うことができる」とヨスが語ったとフェルスタッペンの公式サイトが伝えた。

「あのサーキットはマックスとの相性がとてもいい。メルセデスもいい形でスタートを切るだろうがね。どういう展開になるのかは、誰にも分からない。だからこそ興奮するんだ」

 シーズン全体の予測について聞かれたヨスは、RB16・ホンダはメルセデスとのパフォーマンス差をかなり縮めていると考えており、その予想が正しければマックスは最後までタイトル争いができるだろうと語った。

「予測するのはとても難しい。私個人としては、我々よりメルセデスの方が少しだけ優れていると思う。ギャップが0.2秒以内なら、エキサイティングなシーズンになるだろう。だが、0.5秒違っていれば、難しい。我々が期待しているぐらい差が小さければ、ルイス・ハミルトンとマックスとの勝負になるはずだ」

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と父親のヨス

 先週、レッドブル・ホンダは2020年型マシンを使いイギリス・シルバーストンで“フィルミングデー”走行を行い、開幕への準備を行ったが、モナコに住むフェルスタッペンは、入国の際の規制を考慮し、チームに合流しなかった。しかしオーストリアGPへの影響は全くないと、父ヨスは語った。

「マックスはイギリス(でのフィルミングデー)に行かなかった。(テストに参加する場合)2週間の隔離生活を送らなければならず、それは彼のスケジュールにおいて都合が悪かったからだ。マックスは、RB16で2周か3周走れば感覚を取り戻せると言っており、心配していない」

2020年6月フィルミングデー アレクサンダー・アルボン(レッドブルRB16・ホンダ)

 RB16はプレシーズンテストの時よりもわずかに進化したものでオーストリアを戦うと、ヨスは述べている。
「(プレシーズンテストの時と比べて)小さな進歩はあるだろう。強制的なシャットダウンの間は、開発作業はできなかったが、それ以前に開発されていたものがある。それをオーストリアで使うことができるからね」

DAZN新規会員2ヶ月無料キャンペーン実施中