国民年金

©株式会社VOTE FOR

◆保険料を納めることが困難な場合には…
国民年金の保険料を納めることが困難な方で、本人、配偶者、世帯主の前年所得が一定基準以下または失業などにより納付することができない方が、申請により保険料の全額または一部納付が免除される「保険料免除制度」があります。

◇免除となる所得基準(年額)
(1)全額免除 (扶養親族などの数+1)×35万円+22万円
(2)半額免除 118万円+扶養親族など控除額+社会保険料控除額など
※そのほか、所得の状況に応じて4分の3免除、4分の1免除となる場合があります。
※申請者ご本人のほか、配偶者および世帯主の方も所得基準の範囲内である必要があります。

◆学生の保険料納付特例をご存知ですか?
学生納付特例制度は、所得が少ない学生の方が、申請することにより保険料の納付が猶予される制度です。
※「所得が少ない学生」とは、学生本人の前年の所得が118万円以下の学生のことをいいます。

◆学生納付特例制度を受けると
(1)学生納付特例中の障がいや死亡といった不慮の事故などの場合は、保険料免除期間と同様に扱われるため、障害基礎年金または遺族基礎年金が保障されます。
(2)承認された期間については、年金を受け取るために必要な「受給資格期間」に算入されます。
※ただし、保険料の追納をしなければ、将来受け取る年金額には反映されません。