赤嶺昇氏が議長、仲田氏が副議長 沖縄県議会、野党・中立が推す 異例の展開に

©株式会社沖縄タイムス社

赤嶺昇氏

 改選後初となる沖縄県議会の6月定例会が30日、開会した。本会議の冒頭で正副議長選挙が実施され、新議長には有効投票48票中、26票を獲得した与党会派おきなわの赤嶺昇氏(53)=浦添市区=選ばれた。副議長には、沖縄・自民の仲田弘毅氏(72)=うるま市区=が24票を得て選出された。正副議長とも野党の沖縄・自民が主導する異例の展開となった。

 赤嶺氏は、野党会派の沖縄・自民(19人)、中立会派の公明(2人)、無所属の会(2人)と、与党のおきなわ(3人)が支持し、選出された。

 与党会派の沖縄・平和(8人)、日本共産党県議団(7人)、てぃーだネット(7人)の3会派は与党第1会派の沖縄・平和の崎山嗣幸氏(72)=那覇市・南部離島区=に投票したが、22票にとどまった。

 副議長選挙では与党3会派は共産の渡久地修氏(67)=那覇市・南部離島区=へ投票したが、22票にとどまり、仲田氏が選出された。無効票は2票だった。

 現在の県議会は与党25、野党・中立23で与党の議席が上回っている。与党3会派が崎山氏でまとまったものの、野党・中立と会派おきなわの足並みがそろい、赤嶺氏、仲田氏が選出される結果となった。

仲田弘毅氏