【ラ・リーガ】8位バレンシアがセラデス監督解任を発表…13試合で2勝と不振に陥る

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

バレンシアは29日、シーズン終了前にアルベルト・セラデス監督の解任を発表した。

【ラ・リーガ】昨季コパ優勝を果たすも… バレンシアがマルセリーノ監督解任を発表

セラデス監督は昨年9月に、マルセリーノ・ガルシア氏の後任としてバレンシア指揮官に就任。UEFAチャンピオンズリーグではチェルシーやアヤックスを抑えグループステージ1位通過を決めた。しかし決勝トーナメントでアタランタに敗戦し、ラ・リーガ直近10試合でわずか2勝と不振に。世代別スペイン代表監督からジュレン・ロペテギのアシスタントを経て、初めてラ・リーガのクラブを指揮したセラデス監督だったが、1年を待たず解任となった。今シーズン残りはボロ・ゴンザレスが暫定監督を務め、バレンシアは「セラデスの仕事と献身に感謝する。困難な時期を助けてくれた彼の成功を願っている」と伝えている。

バレンシアがセラデス監督解任を発表