島原市長が資産公開 きょうから

©株式会社長崎新聞社

 島原市は30日から、政治倫理の確立に関する条例に基づき、古川隆三郎市長の昨年末時点での資産状況などの報告書を公開する。
 所有する土地は市内に5件で、固定資産税の課税標準額は計920万1394円。建物は市内に3件で、同標準額は計301万154円。普通トラックを1台所有する。
 昨年の所得は市長給与と、島原地域広域市町村圏組合の役員報酬など計1259万6907円。土地と建物の新規取得、預貯金(当座、普通は除く)や有価証券、貸付金、借入金はない。
 報告書は市役所本庁舎3階の情報公開室で閲覧できる。