佐々木希「これ、幸せですね〜。これされたい」夫婦愛について言及も…視聴者「見てるのツラい」

©株式会社ジーンステイト

画像:時事

29日に放送された、「所JAPAN」(関西テレビ)。

同番組に出演した女優・佐々木希さんが、夫婦愛を扱うテーマについて言及をし、話題になっています。

佐々木さんは、どのような発言をしたのでしょうか。

佐々木希「これ、幸せですね〜。これされたい」夫婦愛について言及も…視聴者「見てるのシンドイ」

29日に放送された、「所JAPAN」(関西テレビ)。

同番組に出演した女優・佐々木希さんが、夫婦愛を扱うテーマについて言及をし、話題になっています。

同番組では今回、国宝や重要文化財に指定されている兵庫県姫路市にある「姫路城」を特集。

様々なエピソードが語られました。

姫路城は、ユネスコの世界遺産にも登録され、日本100名城にも選出されるなど、圧倒的な知名度と美しさを誇るお城で、城壁の美しさから白鷺しろさぎ城と呼ばれています。

築城以来、一度も戦火に見舞われることなく400年前の姿を保つことから、日本のみならず、海外からの観光客にも人気のお城。

そんな姫路城は、徳川家康の孫娘である千姫と、徳川家の家臣であった本多忠刻の新居として築城されたのですが、将軍家の姫君が家臣の本多家と結婚するのはタブーとされていた時代。

なんとか結婚を許してもらった千姫と本多忠刻は、趣向を凝らし、豪華絢爛に姫路城を新たに作り替え、今の美しい姿になったと言われています。

番組では、夫である本多忠刻から、愛する妻・千姫への愛の証として贈った豪華な建造物を紹介。

「優美な建物」と形容されたその建造物は、「川御座船」という屋形船の一種で、本多家が所有する船で千姫への愛が詰まった代物。

本多忠刻は、簡単に外に出られない千姫のために、船が通れるように城のお堀を拡張し、水路を伸ばして、海まで船で出られるようにしたのだとか。

夫婦水入らずのクルージングを楽しむ、夫・本多忠刻の愛が紹介されると、佐々木さんは「これ、幸せですね〜これされたい〜」と満面の笑みでコメント。

不倫騒動で夫であるアンジャッシュ・渡部建さんに注目が集まっている中での、夫婦愛を扱うテーマに言及しただけあり、ネット上では、

《姫路城にまつわる千姫に尽くす本多忠刻の話を聞く佐々木希さんを見るのがなんかしんどい》

《千姫の為に姫路城を作った話してるときに、佐々木希にコメント求めるの勇気あるよね》

《佐々木さん笑顔で幸せそうって言ってるけど、本音が溢れてるのかな?》

《千姫がいかに夫に尽くされたのかについて言及する佐々木希ちゃん。辛い》

《タイミングが酷すぎる》

といった意見が寄せられました。

 

佐々木希、騒動後初のインスタグラムを更新…笑顔のショットで元気をアピール

夫婦愛について言及をした佐々木希さん。

佐々木さんをめぐっては、先日、夫であるアンジャッシュ・渡部建さんが複数人との女性と不倫をしていたことが週刊誌により明らかとなたことで、自身のインスタグラムで謝罪をしていたばかり。

29日、その不倫騒動以来初の投稿をしました。

投稿の内容は、「所JAPAN」の告知や番宣といった程度で、思いの丈はつづられていなかったのですが、笑顔でのショットだっただけに、ファンは安堵している様子。

「いろいろ大変だと思うけど、頑張ってください」と言った、激励のコメントが寄せられました。

現在、レギュラー出演をしているテレビ番組は「所JAPAN」のみであるという、佐々木さん。

今後も、同番組を通じてお茶の間に元気な姿を見せてくれることを期待します。

(文:服部慎一)