見たか!ウタカの2発 元J1得点王が真価 サンガ、新スタ初戦快勝

©株式会社京都新聞社

サンガ-磐田 前半28分、先制ゴールを決めるサンガのウタカ(サンガスタジアム京セラ)

 28日、4カ月ぶりに再開されたリーグ戦で、サンガの頼れる助っ人が真価を発揮した。今季加入したウタカが、新スタジアム公式戦初ゴールを含む2得点。J1昇格に向け最大のライバルと目される磐田から勝ち点3を挙げ、「チームワークでゴールが生まれた。無失点で勝てたことも自信になる」と満足感を漂わせた。

 立ち上がりから相手に押し込まれ、ウタカにボールが収まらない。それでも、2016年にJ1得点王に輝いたストライカーは「今は我慢」と隙を狙っていた。前半28分。金久保の浮き球のパスに反応して冷静に右隅に流し込んだ。森脇が中心になって考えたゴールパフォーマンスで医療従事者への感謝を示し、「絶対に点を取らないといけなかった」とうなずいた。
 2トップを組んだのは、J1広島時代に同僚だった宮吉。「お互いを意識しながらプレーできる。やりやすい」というウタカの言葉通り、近い距離を保って好連係を見せた。2点目は、ペナルティーエリアで宮吉からパスを受けると、相手に囲まれながらも反転して技ありのゴールを決めた。
 「オフェンス(攻撃)のメンバーは素晴らしいレベル。この試合に勝ち、点を取ることに集中していたよ」。新スタジアム元年にJ1昇格を掲げる今季、背番号9に懸かる期待は大きい。

■ピーター・ウタカ

 178センチ、79キロ。ナイジェリア出身で、ベルギー国籍も持つ35歳。2015年から日本でプレー。清水-広島-FC東京-ヴェイレBK(デンマーク)-徳島-甲府。J1で86試合出場36得点、J2で58試合出場26得点。