“雨のNY”での恋の結末は!?「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」7/3公開

©株式会社近代映画社

ウッディ・アレン監督がニューヨークを舞台に運命のいたずらに翻弄される男女を描いたティモシー・シャラメとエル・ファニングというロマンチック・コメディー「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」が今夏公開!新世代を牽引する人気俳優2人が主演を務めた本作の魅力を紹介。

若いカップルが繰り広げる恋愛物語と思いきや…?

「マンハッタン」「マジック・イン・ムーンライト」など数々の名作を世に送り出してきた名匠ウッディー・アレン監督の最新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」はニューヨークのマンハッタンが舞台となっており、メトロポリタン美術館やセントラル・パーク、カーライルホテルなどニューヨークの数々の名所が登場する。そこだけを切り取ると若いカップルが美しい景色や歴史ある建造物を背景に繰り広げる素敵な恋愛物語だと思う人も多いだろう。

ところがこの映画、そんな予想をひっくり返すようなことが冒頭から起こるのである。物語は大学生のギャツビー(ティモシー・シャラメ)がアリゾナ出身の恋人アシュレー(エル・ファニング)とロマンティックな週末を過ごすためにニューヨークを訪れるところから始まる。

ただ、そもそものきっかけは、アシュレーが学校の課題で有名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュライバー)にマンハッタンでインタビューをすることになったからであり、デートが目的で訪れたわけではないところが面白い。しかもインタビュー中にポラード監督から最新作の試写に誘われたアシュレーは、ギャツビーとのランチの約束をドタキャン!

落ち込むギャツビーは街中で元カノの妹チャン(セレーナ・ゴメス)と偶然再会し、学生映画のエキストラに誘われるという謎展開で次々と観客の予想を裏切っていくのである。そのあとアシュレーは刺激的な出逢いと経験を重ね、ギャツビーはチャンと過ごすことで自身のパーソナリティーと向き合うこととなる。

そんな男女の一日を、これまでのどの作品ともひと味違うチャーミングな芝居で魅力的に見せているのが、「君の名前で僕を呼んで」のティモシーと「マレフィセント」のエルという新世代を代表する男女優。ギャツビーを放って二度とないチャンスに身を委ねていく無邪気なアシュレーは一歩間違えば観客にドン引きされかねないが、エルの絶妙な軽やかさと愛嬌で嫌いになれないキャラクターとしてスクリーンに映る。

一方、恋人に約束をすっぽかされるどこか冴えないギャツビーを、華やかな見た目はそのままに、しゃべり方や仕草、少し自信なさそうな歩き方などで見事に体現しているティモシーの芝居も見事。更にセリーナ・ゴメスやジュード・ロウが良いスパイスとなって本作を盛り上げるのである。雨のニューヨークで運命のいたずらに翻弄される3人の若者の恋の行方に注目だ。

ストーリー

大学生のギャツビー(ティモシー・シャラメ)は、ガールフレンドのアシュレー(エル・ファニング)を連れてニューヨークを訪れていた。きっかけはアシュレーが学校の課題で映画監督のローランド・ポラード(リーヴ・シュライバー)にマンハッタンでインタビューをすることになったからだが、そのあと2人はロマンチックな週末を過ごす約束をしていたのだった。

生粋のニューヨーカーであるギャツビーは自分好みのクラシックなスポットを案内しようとプランを立てるが、予想外の出来事がアシュレーに起こり…。

登場人物

アシュレー(エル・ファニング)

Fashion check!!
パステルブルーのカシミアセーターとミニスカートという組み合わせで健康的な爽やか女子を演出。

アリゾナの銀行経営者の娘で大学生。学校の課題でインタビューすることになった映画監督ローランド・ポラードを相手に、緊張しつつも率直な言葉を放つなど大胆な面も持っている。ディエゴ・ルナ演じるスター俳優のフランシスコ・ヴェガ(写真右)と偶然遭遇し、舞い上がってしまうアシュレーがキュート!

ギャツビー(ティモシー・シャラメ)

Fashion check!!
古き良きものを愛するギャツビーは、ラルフローレンの定番であるヘリンボーンのジャケットもバッチリと着こなしてしまうオシャレ上級者。

裕福な両親のもとで育った生粋のニューヨーカーで、ギャンブルとピアノが趣味の大学生。美しい容姿の割に女の子たちから“風変わり”と言われてしまうトホホな面も…。ニューヨークでのデートプランを楽しそうに話す姿にキュンとさせられるが、約束をドタキャンされてしまいふてくされ気味のギャツビーは母性本能をくすぐられる可愛さ。

チャン(セレーナ・ゴメス)

Fashion check!!
撮影当時とても流行っていて入手困難だったというワインレッドのレインコートはスウェーデンのファッションブランド“ストゥッテルハイム”のもの。

ギャツビーの元カノの妹。姉から付き合っていた当時の話を聞いていたようで、再会するなりギャツビーの恥ずかしい過去を思い出させるというドSなキャラクター。その反面、ドタキャンされたギャツビーに付き合って一緒に時間を過ごしてくれるという優しい一面も。

テッド・ダヴィドフ(ジュード・ロウ)

Fashion check!!
知的に見える眼鏡姿と、大人の余裕を感じさせる落ち着いたトーンの全身コーディネートが素敵。

ローランド・ポラード監督と親交の深い脚本家。最新作の試写の途中で出ていったポラードを探しに出かけた道中で、妻の浮気現場に遭遇してしまう。

キャストは出演料をチャリティーに寄付

幼い頃に性的虐待を受けたとアレンを再告発した養女ディラン・ファローらの#MeToo運動発言を受け、米国で上映中止となった本作。ティモシーは本作の出演料をTime'sUp、ニューヨークLGBTセンター、レイプと性的虐待、近親相姦の被害者を支援する団体RAINNという3つの団体に寄付したという。またセレーナ、レベッカ・ホールはTime'sUpに、グリフィン・ニューマンはRAINNに、エルは出演料かは不明だが、Time'sUpに寄付をしたとされる。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク
2020年7月3日(金)公開

原題:ニューヨークのある雨の日
製作国:アメリカ
製作年:2019
時間:1時間32分
配給会社:ロングライド
監督:ウディ・アレン
出演:ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバー
Photography by Jessica Miglio ©︎2019 Gravier Productions, Inc.

Produced by………………Letty Aronson/Erika Aronson
Directed & screenplay by…Woody Allen
Director of photography…Vittorio Storaro
CAST
Gatsby………………Timothée Chalamet
Ashleigh……………………Elle Fanning
Chan………………………Selena Gomez
Ted Davidoff……………………Jude Law
Francisco Vega………………Diego Luna
Roland Pollard……………Liev Schreiber
Connie……………………Rebecca Hall