くりぃむ有田にせいや、亜生、兼近が“やりたいこと”をプレゼン!「ある意味“革新的”」な新バラエティーがスタート

©株式会社東京ニュース通信社

くりぃむしちゅーの有田哲平がMCを務めるTBS系のバラエティー「有田プレビュールーム」(月曜午後7:00)が7月6日にスタート。初回は2時間スペシャルでおくる。

番組では毎週、旬な芸能人がVTRプレゼンターとして登場。私生活でひそかに楽しむ趣味や、好きなことなど「“今テレビで一番やりたいこと”を詰め込んだVTR」を自ら持ち込む。そんな熱のこもったVTRを、有田をはじめスタジオのメンバーでプレビューし、今後も“シリーズ化”して見ていきたいかどうかを忖度(そんたく)なしにジャッジしていく。

7月6日の初回SPでは、霜降り明星・せいや、ミキ・亜生、ティモンディ・高岸宏行、EXIT・兼近大樹、藤田ニコルらが自ら作った渾身(こんしん)の映像を公開。その魅力を有田に直接プレゼンをする。 “シリーズ化”を勝ち取るのは一体誰なのか? 有田と共に審査するプレビューメンバーには、趣里、小泉孝太郎、高嶋ちさ子が登場し、鋭いツッコミでスタジオを盛り上げる。

初回収録を終えた有田は「この番組は芸能人がマジでやりたいことを、伸び伸びとやれる番組だと思いました。普通は視聴率のことなど、いろいろ考えた上で番組が作られると思うのですが、この番組はそんなことは全く度外視ですから(笑)。ただ、何でもやっていいけど、面白くなかったらすぐ終わるよ…というコンセプトも面白いと思います」と新しい切り口のバラエティー番組への期待を語る。

そして「『好きなものを本気で伝えたい!』という芸能人の皆さんの魂が見どころだと思いますし、ある意味“革命的”な番組ともいえるのではないかと思っています。一度見ていただいたら続きも気になると思いますし、毎週月曜の夜7時にテレビの前にいようと思っていただける番組になればと思います」と抱負を述べた。