天理市とNTT西日本奈良支店が協定結ぶ

©奈良テレビ放送株式会社

 街づくりの活性化を図ろうと、天理市とNTT西日本奈良支店が今月1日に協定を結び、きょう、天理市役所で発表しました。

 この協定は、NTT西日本のICT=情報通信技術を活用して、市民サービスの向上や地域社会の活性化を進めようとするもので、県内の自治体で締結したのは、天理市が初めてとなります。

連携協力内容としては、行政サービスの単純作業を自動化することで効率化を図り、人為的なミスを減らすことで、市民サービスの向上を目指します。また、教育の面では文部科学省が設定した、1人1台の端末整備などのGIGAスクール構想実現に向けた支援や、情報通信網を活用して遠隔交流学習などを充実させ、子供たちの育成に活かしたいとしています。

NTT西日本奈良支店 支店長・奥野順也さん

「市民あるいは市役所の皆さんの業務を楽にしていく、あるいは正確にしていく、それで本当のサービスの方に力を入れていただくというところに力になれればと思います。」

天理市・並河市長

「しっかりと自動化できるところは自動化・効率化をしながら、その分パワーを市民の皆さまへのきめ細かいサービスの提供に繋げていきたいと思っています。」