ランボルギーニの新型ハイパーカー、史上最強のV12搭載…開発テスト

©株式会社イード

ランボルギーニ SCV12 のプロトタイプ

ランボルギーニ(Lamborghini)は、今夏発表するサーキット専用の新型ハイパーカー、『SCV12』の開発テストの映像を公開した。

SCV12は、ランボルギーニのモータースポーツ部門のスクアドラ コルセによって開発され、ランボルギーニのデザイン部門の「セントロスタイル」がデザインを手がける。

そのハイライトは、ランボルギーニ史上最強のV12エンジンだ。自然吸気の6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンで、最大出力は830hpを発生する。トランスミッションは、6速シーケンシャル「Xtrac」を組み合わせる。後輪駆動の軽量シャシーの構造要素として、シーケンシャル6速ギアボックスを組み込むことにより、重量を軽減して重量配分を最適化しているという。

また、アルミ製のフロントフレームとカーボンファイバー製モノコックによる構造が、最高レベルの安全性を追求する。スチール製のロールケージも組み込まれた。エアロダイナミクス性能は、V12エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出すように設計される。

ランボルギーニは、このSCV12のプロトタイプによる開発テストの映像を公開した。フランスのポール・リカール・サーキットを、痛快なV12サウンドを響かせながら走行している。