吉岡里帆、オトナの色気たっぷりなキス顔ショットを披露…ファンも「これはデートしたい」「たまらん」

©株式会社ジーンステイト

画像:時事

30日、自身のインスタグラムを更新した、女優・吉岡里帆さん。

雑誌のカバー写真を公開し、大きな反響が得られました。

吉岡さんのインスタショットとは、どのようなものだったのでしょうか。

吉岡里帆、キス顔ショットを披露…ファンも「これはデートしてほしい」

30日、自身のインスタグラムを更新した女優・吉岡里帆さん。

女性向けファッション雑誌「steady.」(宝島社)のカバー写真を公開しました。

吉岡さんの鮮やかな緑色のスカートに、胸元を強調した茶色のチェックのブラウス姿で登場。

さらに、艶やかでアンニュイな表情を見せ、キス顔を覗かせました。

今年度で28歳となる吉岡さんは、オトナの色気をまとっており、夏らしい爽やかな雰囲気の中にもギャップがあるため、非常に魅力的な一枚となっています。

吉岡さんは同誌の巻頭を務めており、そこでも吉岡さんらしい表情を見せております。

そんな、オトナな顔を見せてくれた吉岡さんに対して、ネット上からは

《里帆ちゃん可愛い〜そして、可愛い。》

《デートしてください》

《どんな服でもお似合いなんですね〜》

《めっちゃ可愛い。でもオトナの色気もありますね》

《夏らしくて素敵です》

といった声が寄せられました。

 

吉岡里帆、流行色の緑が似合う大人の雰囲気にファンも「緑が似合うってすごい」

緑のスカートを着用し、大人の雰囲気を醸し出した吉岡里帆さん。

緑色というのは、2019年頃から流行色としてファッションに取り入れられており、モデルさんなども積極的に着用しています。

一方で、吉岡さんに対しては「緑のスカート似合うってすごい」や「私は、緑が似合わない」という意見が散見されるほど。

このような意見のように、緑色というのは、人によって似合う・似合わないがはっきりと分かれる色なのです。

自分がどのような色が似合うのかというのは、「パーソナルカラー診断」と呼ばれる診断によって判断することができます。

パーソナルカラーとは主に、「スプリング(春系の色)」、「サマー(夏系の色)」、「オータム(秋系の色)」、「ウインター(冬系の色)」の4つに分類されるケースが多く、自身の肌や髪、瞳、唇などの色素によってタイプが異なるのだそう。

そして、パーソナルカラー診断では、それぞれのタイプを引き立ててくれるカラーが存在し、緑であっても似合う色合いの緑を提案してくれるといいます。

パーソナルカラーに囚われすぎて、同じ系統の色しか着ないというのもファッションでは面白くないとは思いますが、普段のコーディネートの参考程度に、「パーソナルカラー」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

(文:服部慎一)