シェアサイクル「ちかチャリ」、24時間365日対応の無人貸渡実証実験を開始

©株式会社イード

ノーマルタイプ:シェアサイクル

トヨタモビリティサービス(TMS)は、シェアサイクルサービス「ちかチャリ」(電動アシスト自転車)で、24時間365日対応の無人貸渡実証実験を7月1日より開始する。

ちかチャリは、TMSのレンタカー店舗4拠点(浅草橋店・吾妻橋店・上野駅前店・日暮里駅前店)にポートを設置し、ヤマハ発動機の電動アシスト自転車をシェアまたはレンタルで貸し出すサービスとして、2019年6月より開始。今回、「時間を気にせず、24時間貸出・返却したい」「簡単に利用したい」「人と接触せずに、貸出・返却したい」というニーズに応えるために、7月1日より、24時間365日、無人貸渡対応のシェアサイクルの実証実験を開始する。

実証実験は、従来の「ちかチャリ」のシェアサイクルで使用していたノーマルタイプ車両(ヤマハ PAS With:電動アシスト自転車)にKDDI社製予約システムおよびデバイスを装着し、中目黒 山手通り店ポート・西新橋2丁目ポートの2拠点で開始する。中目黒 山手通り店ポートでは中目黒から渋谷や代官山等の観光スポットを散策する人や地元住民の気軽な移動手段として、西新橋2丁目ポートでは近隣へのビジネスのルート営業等の移動手段としての活用を想定。また各拠点はトヨタレンタカーの店舗にも近く、レンタカー利用客のワンマイルニーズにも対応する。

通常料金は130円/30分、1100円/24時間だが、7月1日の開始日より8月31日まで、新型コロナウイルスによる3密を避けるために、自転車を活用する人たちへの応援の一環として、半額キャンペーンを実施。シェアサイクルは65円/30分、550円/24時間。スポーツタイプを貸し出すレンタサイクルは600円/6時間、650円/24 時間となる。