【独自】住宅などに落書き相次ぐ 石を投げられる被害も【岩手・盛岡市】

©岩手めんこいテレビ

岩手県盛岡市内の住宅地では、ここのところ複数の地区で落書きの被害が相次いでいる。このうち黒川地区の住宅では、塗料のようなものをかけられた上、石が投げられる被害もあったことが、めんこいテレビの取材で分かった。

「電波を使って集団ストーカーヤメロ」と書かれた落書き。

6月28日朝、盛岡市中太田地区で確認されたもの。

警察などによると、同様の落書きは少なくとも先週から市内の松園地区で相次いで確認されていたが、めんこいテレビが取材したところ、中太田地区や黒川地区でも被害が出ていることが分かった。

黒川地区で確認された落書きの画像にも、「ストーカーヤメロ」などと書きこまれている。

また落書きのほかにも、黒川地区では28日の朝、住宅や車に黒い塗料のようなものがかけられているのが見つかった。

さらに住民によると、28日夜から29日未明にかけては、住宅や車に石が投げつけられる被害も確認されたという。

住民は大きな音で被害に気付いたと話していて、壁には石があたったとみられる痕も残されている。

滝澤悠希アナウンサー

「石の大きさは8センチほどです。今回ケガなどの報告は確認されていませんが、もしもの場合を考えると、かなりの恐怖を感じます」

警察は一連の犯行について同一人物によるものなのか、模倣犯がいるのかを含め、器物損壊事件として慎重に捜査している。