届いたメールに「手続きをクリアすれば10億円財産分与」 71歳男性、285万円分電子マネーだまし取られる

©株式会社京都新聞社

甲賀署

 滋賀県警甲賀署は30日、滋賀県湖南市内の男性(71)が架空請求で285万円分の電子マネーをだまし取られたと発表した。

 同署によると、男性は4月6日、スマートフォンに「資産家がいます。手続きをクリアすれば10億円を財産分与してもらえます」とのメールが届き、指定されたサイトに会員登録した。手続き料として6月20日までに、同市内のコンビニなどで261回にわたり電子マネーカードを購入し、券面番号を伝えたという。