中1死亡、周囲のからかい判明

全校アンケートで、北海道登別

©一般社団法人共同通信社

 北海道登別市の市立中1年の工藤虎太郎さん(13)が22日に道営住宅敷地内で倒れているのが見つかり、その後死亡した問題で、市教育委員会は30日、記者会見を開き、全校生徒へのアンケートで、工藤さんの身体的な特徴や運動能力をからかったことを認めた回答があったと明らかにした。

 工藤さんが亡くなる4日前に保健室を訪れ、部活動の人間関係で悩んでいるとの相談を寄せていたことも明らかにした。工藤さんが途中でこれ以上話したくないとしたため、相談はいったん中断したという。

 からかいについては、実際にその様子を目撃したりSNSでの書き込みを見たりしたとの記述もあったという。