【ミシュラン X-ICE SNOW】名前に「ICE」に加えて「SNOW」とつく理由は?

©株式会社イード

ポール・ペルニオ社長

日本ミシュランタイヤは6月30日、3年ぶりとなる新製品を発表して8月11日より発売することを明らかにした。報道向けの発表イベントは新型コロナウイルス感染拡大対策としてオンラインで実施。

同社のポール・ペルニオ社長は冒頭で「私たちは移動の制限により、モビリティの重要性を改めて認識することになった。かつて、まだクルマが発明されるずっと昔、遠くに移動することはとても危険な行為だったことでしょう。しかし、モビリティに危険がなくなったわけではない。クルマにもより安全性が求められ、それはタイヤも同じ。ユーザーに“より安心な運転”を提供する必要がある」とあいさつした。

新スタッドレスタイヤの名称は『X-ICE SNOW』(エックスアイススノー)。日本のスタッドレスタイヤに求められるアイスブレーキング性能を従来比9%向上し、さらに雪上ブレーキング性能も4%高めているというのが特徴だ。

ポイントは、雪上性能だろう。日本のスタッドレスタイヤユーザーはアイス(氷上)性能を重視する傾向が強く、もちろんこの新製品もその点について高性能を誇った従来品よりもさらに性能を高めている。そのうえで積雪路面でのグリップ向上にも着目しているのだ。

「アイスバーンが滑る、危ない、は間違いない。しかし、それだけを求めるのではない」。日本ミシュランタイヤ株式会社 乗用車・商用車タイヤ事業部 マーケティング部 ブランド戦略マネージャーの黒谷繁希氏はそう説明する。

「もちろん、お客様がそこを求めているのは理解している。しかし、我々の製品開発はニーズのさらに先まで行く。消費者の心の奥底にある要求にもこたえる。アイスバーンだけでなく積雪や舗装路など、冬のどのような路面でも、いついかなる時でも、何も気にせずに安全・快適に車の運転をしたい。『X-ICE SNOW』はそんな要求に応えることのできる、路面を選ばず安心できるスタッドレスタイヤ」とコンセプトを説明した。

従来、同社のスタッドレスタイヤのネーミングは「X-ICE」シリーズだった。そこに「SNOW」が追加されたのが今回の新商品のネーミングからもわかる大きな変化だが、その理由はもちろん「スノー性能を磨いたから」と黒谷氏は言う。