天草の90代女性が退院 新型コロナ、検査で陰性

©株式会社熊本日日新聞社

 熊本県は30日、新型コロナウイルスに感染して入院していた天草保健所管内(上天草市、天草市、苓北町)の無職の90代女性が同日退院したと発表した。

 県によると、女性は22日に感染確認。24日から症状はなく、民間の医療機関が29、30の両日、LAMP(ランプ)法で遺伝子検査した結果、2回続けて陰性だった。県は経過を4週間観察する。

 県内の入院患者は、横浜市から阿蘇保健所管内(阿蘇郡市)に帰省した後の26日に陽性と判明した10代男性のみ。引き続き症状はないという。(中尾有希)