西武、相手の2失策で転がり込んだ4連勝 辻監督「エラーに付け込むのも野球」

©株式会社Creative2

西武・辻監督(右)【写真:荒川祐史】

スパンジー初欠場「『イケる』という本人を泣く泣くなだめた」

■西武 3-2 オリックス(30日・メットライフ)

リーグ3連覇を目指す西武は30日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦に3-2で競り勝った。相手の2失策に付け込んで3点を奪って4連勝。辻発彦監督は「相手のエラーに付け込むのも野球。ああいいう時に確実に点を取れたのが大きかった」と笑った。

オリックス先発のアルバースら4投手を打ちあぐみ、4安打に抑えられたが、4回に一塁手・T-岡田のエラー絡みで2点、6回には三塁手・中川の悪送球をきっかけに1点が転がり込んだ。相手の反撃をロドリゲスの2ランによる2点に抑えた。「アルバースは簡単に四球を出さず、コントロールが非常によかった。6連戦のアタマを取れてよかった」と指揮官は胸をなでおろした。

この日、1番に定着していた新外国人スパンジェンバーグが開幕後初めてスタメンを外れ、そのまま欠場した。辻監督は「脇腹をちょっと痛めた」と明かしつつ、「病院には行っていない。本人は(スタメンで)イケると言ったんだけど」と軽症を強調。「彼はフリー打撃でも試合でも全力でやるタイプだけに、悪化させて長引いたら、こっちが本当に困る。泣く泣く(本人を)なだめた。しっかり振れるまでは無理をさせない。明日、イケるかもしれないけどね」と説明した。この日から本拠地でオリックスと6連戦。泥沼の7連敗中の相手から、勝てるだけ勝っておきたいところだ。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)