「香港国家安全維持法」が全会一致で可決

©株式会社 Record China

第13期全国人民代表大会常務委員会第20回会議が30日、北京の人民大会堂で第2回全体会議、第3回全体会議と閉幕会議を行いました。会議では「中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」が採決され、習近平国家主席が第49号主席令に署名し、法案が公布されました。また、会議では、香港特別行政区基本法の付属書三の追加に関する全国人民代表大会常務委員会の決定が表決、可決されました。(提供/CRI)