BLUE ENCOUNTの主題歌も!吉沢亮×杉咲花『青くて痛くて脆い』予告公開

©株式会社シネマトゥデイ

吉沢亮がリアルな青春を見事に演じる! - (C) 2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

吉沢亮杉咲花がダブル主演を務める映画『青くて痛くて脆い』より予告映像が新たに公開された。

吉沢亮が感情を爆発…『青くて痛くて脆い』予告【動画】

「君の膵臓をたべたい」などの住野よるの同名小説を原作とする本作。秋好寿乃(杉咲)とともに秘密結社サークル「モアイ」を結成した大学生の田端楓(吉沢)が、この世を去った秋好の夢を取り戻すために、就活サークルに成り下がったモアイの奪還に奮闘する姿が描かれる。

公開された予告映像は、杉咲ふんする秋好の明るい笑い声からスタート。その後には憎しみや怒り、軽蔑などさまざまな感情を見せる楓を演じる吉沢の熱演が切り取られている。映像の最後には秋好が「気持ち悪い」と蔑むような表情を見せており、この意味深なセリフも気になるところ。BLUE ENCOUNT による主題歌「ユメミグサ」も一部収められている。

ほかキャストには岡山天音松本穂香清水尋也森七菜茅島みずき光石研柄本佑が名を連ねている。(編集部・大内啓輔)

映画『青くて痛くて脆い』は8月28日より全国公開