米FDA、新型コロナワクチン承認の指針公表

©ロイター

[30日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は30日、新型コロナウイルスのワクチンを承認する際の指針を公表した。ワクチン接種者の最低50%の予防・症状緩和効果などを条件として挙げている。

また、妊娠中の接種に関するデータ提供や、子供が接種した場合の安全性と効果の確認を開発者に求めている。

現在、世界中で100以上の新型コロナのワクチンが開発されている。

トランプ政権は5月に新型コロナの治療薬やワクチンの開発を急ぐために「Operation Warp Speed」というプログラムを発表した。